MANXは旅の本であり、旅の楽しみや旅先の文化を紹介する事を目的とした本です。 同時に人と人の交流を紹介する本でもあります。 しかし、これらを一つにまとめるのは容易ではありません。 そこで、人に関するコンテンツはそれぞれ独立した形で製作する事にしました。 その本のメインタイトルはmanxです。 大文字と小文字の表記の違いで、同じ名前じゃないか! その通りです。 ですが、そこに込められた思いは異なります。 manxは人の行動や理念、その思いを紹介する事をコンセプトにしています。 このコンセプトは、何らかの形で、そして国籍も性別も問わず、人の持つGood Spiritや文化が継承される事を期待して生まれたものです。    このコンセプトが誕生する背景にはやはりmanxが大きく影響しています。 意味がわからない? そう感じられる方もいるでしょう。 なので、その理由を明確にしたいと思います。    私は1985以来、この島の人たちと触れ合い、人生における大切な事の多くを学ばせてもらいました。 その島の名はISLE OF MAN 現在はISLE OF MANというのが正式名称になっていますが、この島は本来ELAN VANNINという名前です。    そして、ここに住む人達をmanxと言います。 現在では3代続いていれば、それはGood manxであるとも言われています。 ここには、この島で生まれたmanxもいれば、他所で生まれ育ち、自ら希望してmanx になりに来た初代もいるのです。 しかし、代々続くmanxも、自ら希望してmanxになりに来た初代の人でも共通する事が三つあります。 manxは、この島の環境をとても深く愛している事。 manxは、友達や来島者をとても大切にする事。 そして、この島に住む人たちにはmanx Spiritが継承されている事です。 何よりもそれが素晴らしいと強く感じています。 Spiritに形はありません。目には見えにくいものです。 しかし、それは確実に行動に現れるものでもあると思います。       個人的な見解かもしれませんが、Spiritは継承されにくい時代になっていると感じる事がとても多くなってきました。 だからこそ、この名前を採用したかったのです。 この名前にあやかる事で、国籍も性別も年齢も問わず、少しでも人にあるスピリットや文化を守るために必要な知識が広く継承されるようになって欲しい。 そんな願いを込めて、manxをスタートさせたいと思います。


Today I ran TT-Course with Steve for the first time in about 30 years.
Steve is a teacher who taught me all about TT-Course; it is also a great TT-Rider, and the best friend.
Anyhow, he is a man with tolerance that makes me feel like a brother.

今日はおよそ30年ぶりにスティーブと一緒にTT-Courseを走った。⇒1982 TT-Course Sroryへ
スティーブはTT-Courseについての全てを教えてくれた師匠であり、偉大なTT-Riderでもあり、何よりも最高の友人です。
とにかく、兄弟のように感じさせてくれる包容力を持った男なのです。


Let's run TT-Course together. It was such a process that it became such a story.
I have been lucky to run TT-Course a couple of times with Steve and the same bike in the past.
I was talking old memory with Steve and my colleagues while drinking with a pub named Gluepot, a fun time.
From the flow of the conversation, it was decided that two people would ride the motorcycle for the time in a while and run together.


今回一緒に走る事になった経緯はこんな流れでした。
幸運にもスティーブと30年前に同じバイクでTT-Courseを何度も一緒に走った事があり、行きつけのグルーポットで飲みながら昔話に花を咲かせている流れで、久しぶりに一緒に走ろうという事になりました。



So, if we run together again, it would be more fun to run in the same motorcycle as it used to be.
That was the talking in the glue pot.
But, the motorcycle that we ran with before is not in a state where it can we run right now, so ride on what? Consultation started.

However, as we talking about drink with beer and whiskey, the story goes back and forth here and there.
As people around us participate and the talk progresses, the choices are expanding.
Naturally time also prolongs, so everyone's deepens get drunk.
Then, of course, the mood rises, it has no meaning, it gets brighter and light goes well, so jokes will also fly around.

そこで、どうせ走るならば昔のように同じバイクで走った方が楽しいだろうという事になりました。
しかし、かつて一緒に走ったバイクは現状まともに走れる状態にはないので、じゃあ何に乗って走るか? という相談が始まりました。

とは言え、飲みながら相談をしているので話はあちこちと飛んでは戻り。
外野も参加して話は進行するので選択肢は広がるばかりです。
当然時間も長引くので、みんな飲みは深まります。
すると当然気分は上昇し、意味もなく明るく、そして軽くなってくるのでジョークも飛び交うようになります。


"Well, since we have not been riding a motorcycle for a while, let's try TT-Course 3 laps by first TRIAL.”

Then, the surroundings start asking questions or talking joking opinions.

"Why are you only doing 3 laps?"
"Why Do not you run 6 laps? You do not have to trial now!"
"You have a blank ? I guess you cannot run six laps anymore.”
"I wonder if you can true ride a motorcycle.”
"I think you cannot get on the motorcycle any longer."
And each one is saying selfish opinions things.

Grand Master Eric says in this timing.
"TRISKELE does not fall, because TRISKELE is a symbol that will not collapse, the choice of 3 laps will be a good choice."
Then, everybody agree with all this opinion.

However, only Steve shows a dissatisfying expression, showing disgusting gestures.
The reason for this is that Eric was the one who said the most so selfish joking thing so far.
However, this pattern can be decided every time, it can be said as a promise.
And forever this pattern every night turns.
Steve and Eric are good friends; they are friends like a comedy combination.

「じゃぁTRIALということでTT-Courseを3周しよう」
周囲から質問とも言いがかりとも取れる横槍が入ります。
「なんで3周なんだ? 6周じゃないのか? 今更トライアルする必要はないだろう!」
「ブランクがある? もう6周も走れないだろう」
「いやバイクに乗れるのかも怪しいぜ!」
「もう乗れないんじゃないか?」
と言いたい放題。

そこで、グランドマスター・エリックが「TRISKELEは転ばない、倒れない象徴だから3周という選択はいい線だろう」と言い、これには一同納得の様子。

しかし、スティーブだけは納得のいかない表情と仕草を見せます。
その理由は、それまで一番ジョークを飛ばしていたのがエリックだからのようです。
ですが、このパターンは毎度お決まり、お約束とも言えます。




"So, what is your choice of motorcycle?"
"If you guys both choice are a racing type motorcycle or a super sports type motorcycle, you guys both will excite and the battle will start. " I think.
"Of course you guys will do it.”
"Well then if you guys start on a battle it would be a racing type, would like it be fun.”
"Is it a battle? Will you kill him?"
"That's good interesting, try to do which one will win!"
"That's right! Go get outside!"
"That's right! Get out now and play start!"

And where everyone was excited,
"If that happens, newspaper articles that the Japanese died at TT-Course might get out to the top.”
"If that happens, newspaper articles that the Japanese died at TT-Course might get out "It will develop into an international problem!"
"That's a major incident!"
"That's right; an article saying that the former TT-Rider killed the Japanese may come out.”
"It will be the first case for Isle of Man, so it will remain in history!"
A gag and a joke flutter one after the other with a whirlpool of laughter rolling a table.

「それでバイクは何にするんだ?」
「レーシングタイプのバイクだと二人ともエキサイトしてバトルが始まるだろう」
「当然するだろう!」
「じゃぁバトルするならレーシングタイプだろう。楽しそうじゃないか!」 「バトルだってぇ〜? 殺し合いするのか?」
「どっちが勝つかやってみろ!」
「そうだ外に出ろ! 今すぐ外に出て勝負しろ!」
などと盛り上がったところで、
「そんな事になったら日本人がTT-Courseで死亡という新聞記事がトップに出てしまうかもしれないぞ」
「それは国際問題に発展するぞ!」
「そりゃ大事件だぁ!」
「いや、元TT−Riderが日本人を殺した! という記事が出てしまうかもしれない」
「それはマン島初の事件になるから、歴史に残るぞ!」等と次々にギャグやジョークが飛び交い、笑いの渦が一つのテーブルを巻いています。


So, I saw the moment everyone drinks beer at the same timing, tried suggesting one from me.
"There are friend who have played an important role in selling the motorcycle that we once ran with TT-Course with Steve at that time, leading a successful job by doing a wonderful job.
Since that friend is now working in Triumph Tokyo, if we run ii the case of same motorcycle I think it is better to run in Triumph. "
"Is that one of the members who came to Isle of Man a long time ago?"
"No, as Steve was able to run TT as this friend was doing a perfect operation while I was away." I said.
"It's a nice story," Steve and also everybody seems to be convinced.

"If so then it's a tri-cylinder of triumph.”
"That is nice, you can ride TRIUNPH on the island of TRISKELE and perfect if you have 3 laps in 3 cylinders.”
So I said, "I think that a Two-cylinder Triumph is good.”
The reason is that "Cheney owned by Steve is in a state where it will not know when the restore will end, and so if it we runs together do not to be a case of top page on a newspaper, is it we use a good classic style TRIUMPH is better.”

そこで、一瞬みんなが同じタイミングでグラスを口に運んだ瞬間を見計らって一つ提案をしてみました。
「かつてスティーブと一緒にTT-Courseで走ったバイクを、当時日本で販売する上で重要な役割を担い、素晴らしい仕事をして成功へ導いてくれた友人の一人が今はトライアンフ・ジャパンで働いているから、同じバイクで走るならばトライアンフで走るのが良いと思う」
「その友達は昔マン島に来たメンバーの一人か?」
「いいや、彼が留守中に完璧なオペレーションをしてくれていたからスティーブもTTを走れたんだよ」と言うと、
「それはいい話だ」と一同頷き、納得している様子。
「それなら3気筒のトライアンフだな。」
「それがいい。TRISKELEの島でTRIUNPHに乗って、3気筒で3LAPなら完璧だろう。」
そこで、「いいや2気筒のトライアンフがいいと思う。」と私は言いました。
その理由は、「スティーブのCheneyはいつレストアが終わるかわからない状態だし、新聞沙汰の事件にならないように一緒に走るならクラッシックスタイルのトライアンフが良いのではないか?」



※Cheney is a UK frame maker and it is an off-road machine sold with Triumph's engine in the 60's
※Cheneyとは英国のフレームメーカーで60年代にはトライアンフのエンジンを搭載して販売されていたオフロード・マシンです


I said so,
"It is a good idea!"
Everybody agreed unanimously decision to Triumph as very smoothly.
But, "If you run in the country of TRISKELE, if it also makes 3 laps, is that a 3 cylinder Triumph is good at this time?" Such an opinion came out.
However, we can imagine only one owner of the three-cylinder TRIUMPH,

そう言うと、
「それはいい考えだ!」と満場一致の大賛成であっさりとトライアンフに決定しました。
「TRISKELEの国で走るなら、それも3周するなら、この際3気筒のトライアンフがいいんじゃないか?」そんな意見も出ました。
ですが、この時点で3気筒所有者は1人しか思い付かないという事から、




"A classic two cylinder is good! If so, there is no doubt that someone has it! It was supposed to be that.
It was talking that everybody.
Still, the story of the night settled down by saying, "Let's start from searching for the same type of TRIUMPH.”
However, even if it says to search, I know George Short was the only owner of TRIUMPH.
I wonder if it was also in the garage of John.

However, even if it says to search, I know George Short was the only owner of TRIUMPH.
I wonder if it was also in the garage of John.

「クラッシクな2気筒が良いだろう! それなら誰かが必ず持っているよ!」
という事で、先ずは同じ型式のトライアンフを探すところから始めようという話でその夜は落ち着きました。

しかし、探すといっても身近でトライアンフオーナーと言えばジョージ・ショートしか思い付かない。ジョンのガレージにもあったかな?
でもジョージのトライアンフ1台はレストア完成間近の状態。2台は揃わない。




While doing such a story, there will be somewhere if we search! Steve and I were optimistic.
And, it is because there is no particular problem even if the story of tonight does not really come true, even if it ends only with a good storying us.

そんな話をしつつも、探せばどこかにあるだろう! と二人は気楽な感じでいました。
それは今夜の話が実現せずに、話だけで終わっても特に問題がないからです。




ホームへ戻る ページのトップへ戻る