MANXは旅の本であり、旅の楽しみや旅先の文化を紹介する事を目的とした本です。 同時に人と人の交流を紹介する本でもあります。 しかし、これらを一つにまとめるのは容易ではありません。 そこで、人に関するコンテンツはそれぞれ独立した形で製作する事にしました。 その本のメインタイトルはmanxです。 大文字と小文字の表記の違いで、同じ名前じゃないか! その通りです。 ですが、そこに込められた思いは異なります。 manxは人の行動や理念、その思いを紹介する事をコンセプトにしています。 このコンセプトは、何らかの形で、そして国籍も性別も問わず、人の持つGood Spiritや文化が継承される事を期待して生まれたものです。       このコンセプトが誕生する背景にはやはりmanxが大きく影響しています。 意味がわからない? そう感じられる方もいるでしょう。 なので、その理由を明確にしたいと思います。    私は1985以来、この島の人たちと触れ合い、人生における大切な事の多くを学ばせてもらいました。 その島の名はISLE OF MAN 現在はISLE OF MANというのが正式名称になっていますが、この島は本来ELAN VANNINという名前です。    そして、ここに住む人達をmanxと言います。 現在では3代続いていれば、それはGood manxであるとも言われています。 ここには、この島で生まれたmanxもいれば、他所で生まれ育ち、自ら希望してmanx になりに来た初代もいるのです。 しかし、代々続くmanxも、自ら希望してmanxになりに来た初代の人でも共通する事が三つあります。 manxは、この島の環境をとても深く愛している事。 manxは、友達や来島者をとても大切にする事。 そして、この島に住む人たちにはmanx Spiritが継承されている事です。 何よりもそれが素晴らしいと強く感じています。 Spiritに形はありません。目には見えにくいものです。 しかし、それは確実に行動に現れるものでもあると思います。       個人的な見解かもしれませんが、Spiritは継承されにくい時代になっていると感じる事がとても多くなってきました。 だからこそ、この名前を採用したかったのです。 この名前にあやかる事で、国籍も性別も年齢も問わず、少しでも人にあるスピリットや文化を守るために必要な知識が広く継承されるようになって欲しい。 そんな願いを込めて、manxをスタートさせたいと思います。


Beforehand, telling from now is a story based on the classic motorcycle, and it is a story with respecting its characteristic and peculiarity.

Classic motorcycle shakes the sensibility of the viewer regardless of anything of superiority or inferiority of the machine's specifications itself!
There are many such machines.

And, due to personal taste to the last, for the charm hidden inside it, there are the best motorcycle for myself with sensory perfection that cannot accept others' opinions at all.
Feeling of myself and the machine match.
No, it may be better to say that I have a one-side strong feeling for the machine.


予め断っておくが、今から語る事はあくまでもクラッシック・モーターサイクルを前提とした話であり、その特性や持ち味をリスペクトした上での話である。

クラッシック・モーターサイクルにおいては、マシンのスペック自体の優劣とは一切関係の無い部分で見る者の感性を揺さぶる!そんなマシンは多々存在する。
そして、あくまでも個人的な趣向性から譲れない一台というのはあるものだ。

自分とマシンのフィーリングが合う。
いや、自分の一方的な思い入れが強いと言ったほうが良いかも知れない。




As long as it is a person who likes motorcycles, I think that it is a feeling that everyone has.

However, while sticking strongly to one's favorite one, it sometimes turns to other beautiful machines.

However, while sticking strongly to one's favorite one, it sometimes turns to other beautiful machines.As there are various types of motorcycles, the interests of other things such as the sound emitted by the engine, the shaping and construction of the frame holding the engine, etc. become interesting.

As long as it is a person who likes motorcycles, I think that it is a feeling that everyone has.



これは、好き者であれば誰もが持つ感覚であろうと自分は勝手に思っている。

しかしながら、譲れない一台に強烈に固執する反面で、他の美しいマシンに目移りしてしまう場合もある。


様々なタイプのモーターサイクルが存在する以上、エンジンの発する音や、エンジンを抱えるフレームの造形や構成などにも興味が沸いてしまう。

これも、好き者であれば誰もが持つ感覚であろうと自分は勝手に思っている。


And, once you get interested, you not only want to see, but you want to touch, you want to sit on the seat, and you want to start the engine.

After all, having owned an attractive motorcycle, and wanting to run it is the psychology of motorcycle love.

Anyway, you will want to know more deeply.

そして、興味を持ってしまえば、当然見るだけでなく、触ってみたくなり、跨ってみたくなり、エンジンをかけてみたくなる。結局のところ、所有したくもなり、走らせて見たくなるのが好き者の心理だ。

とにかく、より深く知りたくなってしまうのだ。


In accordance with my personal opinion, I owned a variety of types of vehicles that seems to be inconsistent if a third party objectively looks and I have been actually riding.

And I always have several classic motorcycles.

But, it takes a lot of time to care for many vehicles owned by me and maintain a normal condition that can always be comfortably ridden.

This can be said to be an absolute requirement in association with a classic motorcycle.

I gradually became busier, and for the first time I went to Isle of Man for the first time when I became unable to spare time on such pleasures and hobbies.


自分は、あくまでも個人的な見解や、そんな気持ちから、傍から見ればまるで一貫性が無いように見える多様なタイプの車両を所有し、実際に乗り継いできた。
そして、常時数台のクラッシック・モーターサイクルを所有している。

しかし、所有する多くの車両に手をかけて、常に気持ちよく乗るには多くの時間が必要だ。

これは、クラッシクモーターサイクルと付き合う上での絶対条件ともいえる。

自分自身がだんだんと多忙になり、そういった楽しみに中々時間が割けなくなってきていると感じるようになり始めたタイミングで初めてマン島へと渡った。






Preliminary knowledge on the race contents of Pre-TT classic heard in the simple story was that the classic machines gathered and running on a public road course called Billown.

However, when we actually saw that sight, there was a scene that did not make sense at all, such as words and knowledge.


話に聞いていたPre-TTマシン達が集まり、ビィローンコースと呼ばれる公道コースを全開で走り抜けていくという事だけ。

しかし、実際にその光景を目の当たりにすると、言葉や知識など全く意味を成さない光景がそこにはあった。





Looking realistically, classic motorcycles run through distances that really seem to reach.
The air vibrates and appeals directly to the five senses.

And after running through, the wind blows the smell of oil and the smell of exhaust to the audience.

The tranquility to come after that instant is mixed with the smell of grass and the scent of flowers.

This state cannot be expressed merely by the word "exciting".
Pre-TT Classic It was a race appealing to all my senses.


まさに手が届きそうな距離をクラシックマシン達が疾走していく。

空気が振動し、五感に直接訴えてくる。
そして、走り抜けた後には、オイルの匂いや排気の匂いを風が運んでくる。

その一瞬後に訪れる静けさと牧草の匂いや花の香り。
これは単に「刺激的」という言葉だけでは表現できない。
Pre-TT Classic、それは、自分の感覚全てに訴えかけてくるレースだった。





A sight that appears in the eyes and a smell. Furthermore, vibrations, various factors that exist anyway were something that the viewer finally catches the whole body.
(Although this is a view point of classic motorcycle loves)

The motorcycles running in the race are also various.
Ducati, Aeromacchi and other Italian single-acting forces.
British single forces of Norton, AJS, Matchless etc.
Twin and triple typified by Triumph.
There are many Honda regardless of single, twin and multi cylinder.
I also saw Suzuki's two-stroke, T series.


目に映る光景であれ、匂いであれ、振動であれ、とにかくそこに存在する様々なファクターは、見る者の全身を使うことでようやく受け止められるようなものであった。
(これはあくまでもクラッシック・モーターサイクル好きの見解だが)

走っているマシンも様々だ。
ドゥカティ、アエロマッキ等のイタリアン・シングル勢。
ノートン、AJS、マチレス等のブリティシュ・シングル勢。
トライアンフを筆頭とするツインやトリプル。
シングル、ツイン、マルチシリンダーを問わずホンダも多い。
中にはスズキのツーストローク、Tシリーズも見かけた。



Anyway, it is the Pre-TT Classic race that makes such a classic motorcycle and riders  unite and seems to be running with love and life.
It is not certain that it actually runs with life. However, there is no doubt that he is running all over love and passion.


とにかく、そういったクラシックマシンとライダーが一体となり、愛と命をかけて走っているように見えるのがPre-TT Classicというレースだ。
実際に命をかけて走っているのは定かではない。しかし、愛と情熱のすべてをかけて走っているのは間違いない。





Why can I declare so?
That's because the affection and commitment of the owner's motorcycle in the classic race seems stronger than there are races in the latest machines.

Under absolutely disadvantageous conditions, even after understanding the situation, they continue to run with one of their loved motorcycle ones.

That is the form of love in classic racing.
The purpose is different from the race which is done on the latest type machine.
Regarding the commitment in this part, since I have connected various motorcycles, from experience I understand the way owners and motorcycles are involved and there are many parts that can be convinced.


何故そう断言出来るのか?
それは、クラッシックレースにおける所有者のマシンへの愛着やこだわりは最新型マシンで行われているレース以上のものがあるだろうと強く感じるからだ。

絶対的に不利な条件下でも、不利を理解した上で彼らは自分の「譲れない一台」で走り続けているからだ。
それがクラッシックレースにおける愛の形なのだろう。
最新型マシンで行われているレースとは目的が違う。
この部分におけるこだわり方については、自分が様々な車両に接してきたから経験から、オーナーが譲れない一台との関わり方を理解し、納得できる部分も多々ある。





Why did I use the expression "owner" here? I Will be described.
This is because if the owner is a rider, if the owner employs a rider from running and runs it, these two types are present in the classic race.

There is an owner who loves Norton Manx and there is a rider who wants to run with Norton Manx.

These two people have a common preference to run Manx anyway and aim for victory anyway.
Here a strong partnership is born.

In one motorcycle that loves from the bottom of heart, sometimes it is not always the main objective to ride.


ここで、何故オーナーという表現をしたのか?
これは、オーナーがライダーである場合と、オーナーがライダーを雇用して走らせている場合の2種類がクラッシク・レースにはあるからだ。

ノートン・マンクスが好きでたまらないオーナーがいて、ノートン・マンクスで走りたいライダーがいる。
この二人はとにかくマンクスを早く走らせて、勝利を目指すという共通の趣向性を持つ。
ここでパートナーシップが生まれる。

譲れない一台とは、乗る事だけが目的ではない場合があるのだ。


However, even if I deduct these feelings and impression of motorcycle love, this Pre-TT Classic race that I experienced this time was far from Japanese things I knew.

Through all the classes and races, while I was looking closely at the rider and the machine, I felt like I understood the connection and relationship of people more deeply and there were so many parts I learned.


しかし、こうした好き者の感覚や感動を差し引いても、今回体験したこのPre-TT Classicというレースは、自分が知っていた日本のモノとはかけ離れていた。

すべてのクラス、そしてレースを通じ、ライダーとマシンを間近で見続けるうち、人とマシンの繋がりや関わり方を更に深く理解した気がしたし、勉強になった部分がとても多かった。


And, looking at what is more, feeling, it is a lot of fun.
It feels good enough to make tears come out.
It is hard to express the pleasures and sensations of this race with words, but if you express it daringly, if you experience it, you will like the your motorcycle more than you want, you want to get on now ride now! You feel stronger. This race looks like that.


そして、何より見ていて、感じて、とても楽しい。
涙が出そうになるくらいいい感じだ。
言葉ではなかなかこのレースの楽しさや感覚を表現しづらいが、敢えて表現するのであれば、見れば、体験すれば、よりモーターサイクルが好きになり、今すぐに乗りたい!という気持ちが強くなるレースだ。





When I return to Japan, first return to the origin of my motorcycle and let's go running.
If so, what would I like to do in the future? I will see how to do it.

Anyway Pre-TT Classic is the highest!
If you like motorcycles, and even if you like the classic motorcycle, the fact that you have not seen this race, and have not experienced is a lifetime loss.


日本へ戻ったら、先ずは自分のモーターサイクルの原点へ戻り、走りに出てみよう。
そうすれば、自ずと自分が今後どうしたいか?どうしていくべきかが見えてくるだろう。

とにかくPre-TT Classic 最高!
モーターサイクル好きならば、そしてさらにクラッシクモーターサイクル好きならば、このレースを見ない、体験しないという事実は一生の不覚といえるだろう。





ホームへ戻る ページのトップへ戻る

Shooter's_Eyeへ Editor's Eyeへ Journey of the willへ