MANXは旅の本であり、旅の楽しみや旅先の文化を紹介する事を目的とした本です。 同時に人と人の交流を紹介する本でもあります。 しかし、これらを一つにまとめるのは容易ではありません。 そこで、人に関するコンテンツはそれぞれ独立した形で製作する事にしました。 その本のメインタイトルはmanxです。 大文字と小文字の表記の違いで、同じ名前じゃないか! その通りです。 ですが、そこに込められた思いは異なります。 manxは人の行動や理念、その思いを紹介する事をコンセプトにしています。 このコンセプトは、何らかの形で、そして国籍も性別も問わず、人の持つGood Spiritや文化が継承される事を期待して生まれたものです。    このコンセプトが誕生する背景にはやはりmanxが大きく影響しています。 意味がわからない? そう感じられる方もいるでしょう。 なので、その理由を明確にしたいと思います。    私は1985以来、この島の人たちと触れ合い、人生における大切な事の多くを学ばせてもらいました。 その島の名はISLE OF MAN 現在はISLE OF MANというのが正式名称になっていますが、この島は本来ELAN VANNINという名前です。    そして、ここに住む人達をmanxと言います。 現在では3代続いていれば、それはGood manxであるとも言われています。 ここには、この島で生まれたmanxもいれば、他所で生まれ育ち、自ら希望してmanx になりに来た初代もいるのです。 しかし、代々続くmanxも、自ら希望してmanxになりに来た初代の人でも共通する事が三つあります。 manxは、この島の環境をとても深く愛している事。 manxは、友達や来島者をとても大切にする事。 そして、この島に住む人たちにはmanx Spiritが継承されている事です。 何よりもそれが素晴らしいと強く感じています。 Spiritに形はありません。目には見えにくいものです。 しかし、それは確実に行動に現れるものでもあると思います。       個人的な見解かもしれませんが、Spiritは継承されにくい時代になっていると感じる事がとても多くなってきました。 だからこそ、この名前を採用したかったのです。 この名前にあやかる事で、国籍も性別も年齢も問わず、少しでも人にあるスピリットや文化を守るために必要な知識が広く継承されるようになって欲しい。 そんな願いを込めて、manxをスタートさせたいと思います。

Shooter-S

It was my first time to see the public road race straight away.

公道レースを直に見たのは初めてだった。



I saw that live! It may be more realistic.

If it is strictly expressed, it will be the first time in a road race using a motorcycle public road.

Anyway, when photographing a race basically it is a photographer who stands on the course side, so we always pay close attention to taking positions as a subject and a machine or rider.

That is why there is something to understand well.

The sense of distance is too different for this race.

Riders and machines

Its proximity and to be impressive was good shocking


生で見た! という方がよりリアルかもしれない。

厳密に表現するのであれば、モーターサイクルのロードレースでは初めてという事になるが、なんにせよレースを撮影する時は基本的にカメラマンとしてコースサイドに立つ身なので、マシンやライダーを被写体とする上でポジション取りに常に細心の注意を払っている。


だからこそよく分かる事がある。

このレースは距離感があまりにも違う。


ライダーそしてマシン

その近さと迫力は衝撃的だった。



When taking a picture, when you stand on the course side at the circuit, actually it is quite a distance from the course.

However, the shooting here is just next to the course.

There is a place which can be said right beside the rider.

As an easy-to-understand explanation of the distance, is it easy to understand if it is said that it is about the feeling that "the hands will reach the riders while riding?"

Depending on the class and the machine, it may feel the wind pressure and the fluctuation of the feet at the time of passing.

There is a place where i feel direct exhaust pressure from exhaust.

However, there is no wonder and no fear even if it is so close.

It is because there is another consciousness as a position to take pictures.


サーキットでコースサイドに立つ場合、実はコースからの距離がかなりある。

ところがマン島では正にコース脇だ。

ライダーの真横と言って良い場所もある。

その距離感を理解してもらうには、「走行中のライダーに手が届きそう!」な程の距離感だと言えば分かりやすいだろうか?

クラスやマシンによっては通過時に風圧や足元の揺れを感じる事さえある。

エクゾーストからの排気圧をダイレクトに感じる場所もある。


しかし、そのような近さであっても不思議と恐怖感はない。

むしろ意識は別のところにあるからだ。



I look through the viewfinder during race shooting.
Focus on the shutter opportunity.
Then, at the moment when I finished taking riders and machines, the viewfinder can only see the scenery there.
Because everything flows away instantaneously.
Sharpen the whole nerve.

And concentrate consciousness on the racing machine coming one after another.
So, to be honest, I do not have any room to follow riders and machines that I finished taking after my own naked eye.

It is because it is always necessary to prepare for the next shutter opportunity during the race.
In other words, riders and machines disappeared from the viewfinder are in the past, the only remaining scenery is mere scenery that exists.

So it is correct that I cannot afford to have time to feel horror at the time of shooting even under race under any circumstances.

Besides, rather than feeling horror, "came soon, came, came, it is now!", I feel waiting with a strong feeling that it will fight riders and machines speed.


レース撮影でファインダーを覗き、シャッターチャンスに集中していると、被写体は撮り終えた瞬間に単なる景色として流れ去っていく。

全神経を研ぎ澄まし、次々とやって来るレーシングマシンに意識を集中しているので、撮り終えた被写体をその後肉眼で追うような余裕は正直言って、まったくない。
次のシャッターチャンスに備える必要があるからだ。

つまりファインダーから外れれば被写体は途端に流れ去る景色でしかなくなるので、その様な状況下のレース撮影時に恐怖を感じている暇はないというのが正しい。

それにどちらかと言えば恐怖感より「キタ、キタ、キター!」と、被写体を迎え撃つような感覚が強い。



I will tell you that this is a racing of the classic racing motorcycle and the latest racing machine is not running.

I imagined that the latest machine runs this course fully in my head, but I cannot image it.

But, there is one thing that can be said certainly.

That is the fact that the latest speed is so very fast that the actual speed is not comparable to the classic motorcycle.

Anyway, concentrate on preparing for the moment the classic racer comes up,

sharpen the whole nerve aiming at the timing to release the shutter.

And I record instinctively the scene called "Here!"

Immediately after switching off the shutter, change your consciousness to the next timing and concentrate your nerves on the next rider and machine.

I repeat this rapidly. So, to be honest there are many cases where you do not know exactly how the race is deployed.


言っておくが、これはクラッシクレースであって最新のレーシングマシンは走っていない。

最新のマシンが全開で走る事を想像してみたがイメージ出来ない。

一つ確かな事。

それは実際のスピードが比較にならない程速いという事だ。


それでもクラシックなレーサーが向かってくるというだけでこれ程集中し、シャッターを切るタイミングを狙って全神経を研ぎ澄ませる。

そうして「ここだ!」と、本能的に感じた瞬間を切り取る。

シャッターを切った後の被写体からはすぐさま意識を引き剥がし、次にやって来る被写体へと意識を向ける。
これを矢継ぎ早に繰り返しているのだから、正直なところレースの展開など分かっていない事の方が多い。



I feel somewhat sorry, but this is a real story.

Still, very fast riders remain in the head as vivid memories.

Since the first groups number plate etc. Are checked by looking through the viewfinder, they also grasp the approximate flow.


少々申し訳ないと思う気持ちもあるが、これは本当の話だ。

それでも速いライダーは鮮烈に記憶として残る。

先頭集団のゼッケン等はファインダー越しに確認しているので、おおよその流れも掴んではいる。



Up to this point I talked about myself as a photographer, but from this point I think that I will talk a little bit of the audience that I saw through the viewfinder.

First of all, I felt there were two types of audience here.

One type is a general race watcher who sits on a stand seat.

Another type is those who choose to watch running at the best point.
Those who choose this can be said to be a spectator who chooses the course side to enjoy the skill and fighting spirit of the riders even though there is inconvenience.

Both of these two kinds of audiences are sure to like racing.
But where do you want to see?
What kind of effort do you use to watch at the place you want to see?
I think that this is the only difference.

I will not talk about the spectators of the stand seat this time. I will talk to the spectators who watch it on the course side.

Although I said that there are two types of spectators in the past, it is my honest impression that, strictly speaking, there are also two kinds of spectators in spectators who watch on the course side.

One kind is a spectator who secures their place at a relatively accessible point.
The other type is a spectator who overcomes Stone wall, goes to the destination by pinching the bush, and takes their place there.


ここまではカメラマンとしての自分の話をしたが、ここからは少しだけファインダー越しに見えた観客の話をしよう。

ここには2種類の観客がいると感じた。

一方はスタンド席に座る一般的といえるレース観戦者。

もう一方はベストポイントでの走りを堪能するためにコースサイドで観る観戦者だ。

この2種類の観客はどちらもレースが好きであるのだろうし、どこで観たいか?
観たい場所で観るためにどんな代償を払うか? という点だけが違うポイントだと思うのだ。

スタンド席の観戦者達の事はちょっと置いておき、話はコースサイドで観る観戦者に絞らせてもらう。

実はコースサイドで観る観戦者にも2種類の観客がいるという様に感じられた。
一方は比較的アクセスしやすいポイントに陣取る観戦者で、もう一方は険しい石垣や藪をかき分けた先まで行って陣取る観戦者だ。



Even when choosing a place with good access, even when choosing a place with poor access, both places are still on course side, so it is under traffic control of road closing.

So basically all the schedule of the day is finished and until the ROAD OPEN is done it will be watching in the state where you cannot move.

Even under these conditions, it will be great to carry legs to the course side and secure your own place.


どちらもコースサイドであるため、交通規制の管制下に置かれる。
なので、当日の全スケジュール終了後のROAD OPENまでは、一切の移動が出来ない状態での観戦となる。

それでもコースサイドまで行って陣取るのだから、それはそれで凄い事だ。



In the case of a spectator who actually performs this action, we will be able to sympathize with "shocking proximity and To be impressive" that I wrote first.

That area is definitely a distance feeling that "reaching the riders while riding by extending their hands".

The reality of watching in such places is this.

The vigor and courage of the riders running near the line so close to touch stone wall are transmitted directly; the spectators shudder and goose bumps stand up. And spectators can experience a very exciting moment.

If I cannot express well, but you think that you want to see the race with such reality, if you go to that place with your own effort, there are circumstances in which you are allowed to watch the race in principle I was also surprised at the fact.

It is too much different from Japan.

Because I am seeing Pre-TT Classic, there am I wanted to say to you & everyone.

This race is a must-see in life!


特に険しい石垣や藪をかき分けた先まで行って陣取る観戦者の場合、最初に記した“衝撃的な近さと迫力”を共感出来るだろう。

そのエリアは間違いなく“手を伸ばせば走行中のライダーに手が届く”程の距離感だからだ。

そうした場所で観戦するという現実はこうだ。

石垣の壁で隔てた向こう側を走るライダー達、公道で戦うライダー達の勇気に身震いする。

それに上手く表現出来ないが、その現場を観たいと思うなら踏み込みさえすれば観る事を許されている環境がある事実にも驚いた。

日本とはあまりにも違い過ぎるのだ。
Pre-TT Classicを見た後だからこそ言わせてもらいたい事がある。

このレースは必見だ!
ホームへ戻る ページのトップへ戻る

Editor's Eyeへ Tourist-Kへ Journey of the willへ