MANXは旅の本であり、旅の楽しみや旅先の文化を紹介する事を目的とした本です。 同時に人と人の交流を紹介する本でもあります。 しかし、これらを一つにまとめるのは容易ではありません。 そこで、人に関するコンテンツはそれぞれ独立した形で製作する事にしました。 その本のメインタイトルはmanxです。 大文字と小文字の表記の違いで、同じ名前じゃないか! その通りです。 ですが、そこに込められた思いは異なります。 manxは人の行動や理念、その思いを紹介する事をコンセプトにしています。 このコンセプトは、何らかの形で、そして国籍も性別も問わず、人の持つGood Spiritや文化が継承される事を期待して生まれたものです。    このコンセプトが誕生する背景にはやはりmanxが大きく影響しています。 意味がわからない? そう感じられる方もいるでしょう。 なので、その理由を明確にしたいと思います。    私は1985以来、この島の人たちと触れ合い、人生における大切な事の多くを学ばせてもらいました。 その島の名はISLE OF MAN 現在はISLE OF MANというのが正式名称になっていますが、この島は本来ELAN VANNINという名前です。    そして、ここに住む人達をmanxと言います。 現在では3代続いていれば、それはGood manxであるとも言われています。 ここには、この島で生まれたmanxもいれば、他所で生まれ育ち、自ら希望してmanx になりに来た初代もいるのです。 しかし、代々続くmanxも、自ら希望してmanxになりに来た初代の人でも共通する事が三つあります。 manxは、この島の環境をとても深く愛している事。 manxは、友達や来島者をとても大切にする事。 そして、この島に住む人たちにはmanx Spiritが継承されている事です。 何よりもそれが素晴らしいと強く感じています。 Spiritに形はありません。目には見えにくいものです。 しかし、それは確実に行動に現れるものでもあると思います。       個人的な見解かもしれませんが、Spiritは継承されにくい時代になっていると感じる事がとても多くなってきました。 だからこそ、この名前を採用したかったのです。 この名前にあやかる事で、国籍も性別も年齢も問わず、少しでも人にあるスピリットや文化を守るために必要な知識が広く継承されるようになって欲しい。 そんな願いを込めて、manxをスタートさせたいと思います。

Tourist-M

ジェームズ・ボンドをフィーチャーした旅の本。
歴史や文化を感じられる旅の本を作る。
この企画の取材出発前に東京で、ある特別なイベントが開催される事を知りました。

今日はその待ちに待った特別なイベント、007のシネマ・オーケストラの日。
シネマ・オーケストラとは、シネオケと呼ばれているフィルム上映と生演奏を組み合わせシンクロさせたハイレベルな催しです。

A book which featured “JAMES BOND”
A book of journey which can feel the history and culture
We will make such a book.
Before departure for the shooting of this project, I was informed that a special event hold in Tokyo.

Today is the day of the long-awaited special event, cinema orchestra of 007.
Cinema orchestra is the high level event called “Cine-oke” which Combine and synchronize film and live music.





少し汗ばむくらいの気温でしたが、私はジョン・スメドレーのニットワンピースを纏い、颯爽と家を出ました(この段階で既にちょっとした高揚感を覚える)。
007ことジェームズ・ボンドはいつしかあまり気づかぬ間に、私の大好きな映画の一つであり、大好きな主人公となっていました。
ご存知の方は多いと思いますが、自分の生まれる前から50年以上続くスパイ小説であり、映画でもあります。

厳密に言えば、原作者のイアン・フレミングは既に他界しています (1964年、遺作となってしまった“黄金の銃をもつ男”を校正中に心臓麻痺で他界。享年56歳)。 
なので、50年以上続くといっても小説ボンドシリーズは6人の後継者達によって今なお継続されているのです。

※ジェームズ・ボンドシリーズの公式続編は下記の通り。
 1968年 キングスレー・エイミスがロバート・マーカムの名で「007/孫大佐」
 1981年 ジョン・ガードナー「メルトダウン作戦」
 1997年 レイモンド・ベンソン「007/ゼロ・マイナス・テン」
 2008年 セバスチャン・フォークス「猿の手を持つ悪魔」
 2011年 ジェフリー・ディーヴァー「007/白紙委任状」
 2015年 アンソニー・ホロヴィッツ「007/逆襲のトリガー」

It was a little sweaty on that day, but I wear my John Smedley one piece and gallantly went out from my house.( I already feel a little exhilaration at this time)
007, James Bond is one of the my favorite movie and movie star. As you know, 007 is a novel and also a movie which has continued more than 50 years before I was born.
Strictly speaking, the original author “Ian Fleming” has already passed away.
(He was 56 years old when he died of heart failure while proofreading "The Man with the Golden Gun" which became his remaining work in 1964)
After Ian Fleming’s death, the novels of James Bond series are still continuing until now by six successors.

※The official continuation of Post-Fleming James Bond novels are below.
1968 Kingsley Amis, as Robert Markham “Colonel Sun”
1981 John Gardner “Licence Renewed”
1997 Raymond Benson “Zero Minus Ten”
2008 Sebastian Faulks “Devil May Care”
2011 Jeffery Deaver “Carte Blanche”
2015 Anthony Horowitz “Trigger Mortis”

映画は1962年の第1作目から2015年の24作目までを6人の俳優によって主人公007ことジェームズ・ボンドが演じられました。
それぞれの俳優の持ち味が活かされ、俳優によって異なる演出が用意された映画が007シリーズといえるでしょう。

基本的にストーリー展開が面白く、奥深さを感じさせる作品達。
そして、007映画は何よりも音楽が魅力的なのです。
その魅力的な主題歌やテーマ音楽、劇中挿入曲をフルオーケストラで聞けるという贅沢なコンサートが、ジェームズ・ボンド 007「カジノ・ロワイヤル」in コンサートと題したシネマ・コンサートなのです。

In the movie, the hero 007 who named James Bond was played by six actors from the first film of 1962 to the 24th film of 2015.
It can be sail that 007 series is the movie that make the most of each actor's character and create different directions depend on the actors.

Basically the story development is interesting and they make you feel deep inside.
And, 007 movies are more attractive music than anything else.
The luxurious concert that we can listen to its fascinating theme songs and inserted songs with full orchestra is the Cinema concert titled “James Bond 007”Casino Royale” in Concert”.


これまでは、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールだけでしか上演された事がないといいます。記念すべき初海外公演に選ばれたのが東京。
それだけ日本にはボンドファンが多いという事なのだろうと考えながらも、とても誇らしくも感じました。
しかもオーケストラは、日本最古の歴史と伝統をもつ東京フィルハーモニーというから惹かれない理由はありません。
ましてや今回の旅はボンドをフィーチャーすると予め決まっていたから、何がなんでもこの機会を逃すわけにはいかないという強い思いもありました。

In the past, It has only been played at the Royal Albert Hall in London.
Tokyo was chosen as a memorable first overseas performance.
Even though I thought that there were a lot of Bond fans in Japan, I also felt very proud.
Moreover, the orchestra was selected the Tokyo Philharmonic having the oldest history and tradition in Japan.
There is no reason not to be attracted.
No matter what, I cannot let go of the opportunity, I thought strongly, because we pre-determined to feature James Bond in this overseas journey.




会場に到着し、チケットを受け取ってから大ホールに入ると、正面のスクリーンには、CASINO ROYALEの文字が映し出されています。
スクリーンの前では、オーケストラのメンバーが調律をしていました。

After arriving at the venue, receiving a ticket and entering the big hall, the front screen shows the letters of CASINO ROYALE. In front of the screen, members of the orchestra were tuning.




まさに演奏会が始まる前の弦の響きを感じてさらに高揚感は高まります。
メンバーが席につくと、指揮者が登壇。
ボンドに成りきっているというべきか、ボンドスタイルを継承しているというべきか定かではありませんが、指揮者は、弾けるような笑顔を見せて観客を和ませます。

しかし、突如として会場の空気が一変。

I feel more elation as feeling the resonance of the string exactly before the concert begins.
When the member gets on the seat, the conductor is in the stage. I don’t sure I can say he is enough to bond or he is inheriting bond style, but the conductor shows his sunny smile and makes the audience feel better.

But suddenly the air in the hall changed completely.




カジノ・ロワイヤルの緊迫したオープニングシーンが始まり、007を象徴する銃口の映像…何度見てもゾクゾクする瞬間です。
それとともに目の前から身体に伝わってくる音色。
日頃見慣れている映画の感覚とは大違いで一瞬戸惑ってしまいました。
オーケストラによる生演奏だと頭では理解していても、そこは初体験。
予想は予想であって、覆されても当然です。
身体に響く音色が徐々に心地よくなっていきました。
これがシネマ・オーケストラかと実感し、改めて感動しました。
幾重にも重なる重厚感のある、そして優しくもある音色とボンド映画ならではオープニングのタイトルバックを楽しみました。

The tense opening scene of Casino Royal starts, the image of the muzzle symbolizing 007 ... No matter how many times I watch this scene, it give me chills, and the sound that is transmitted to the body from the front of me at the same time. I was perplexed for a moment as it was a big difference from the feeling of watching movie as usual.
Even though I understand it is a live performance by an orchestra, I experienced it for the first time.
What I imagined how the cinema orchestra is changed after I final experienced it.
The sounds resonating in my body gradually became comfortable.
I realized that this is a cinema orchestra, and was deeply impressed.
I enjoyed much the title back of the Bond movie with the overlapping heavy and gentle sound




これはいい。とてもいい。
薄暗い夜明けに、敵のいる場所へ向かう列車のシーン。
フォードで海沿いを走るシーン。
アストンマーチンを駆るシーン。
場面の切り替わりや作品の見せ場となるシーンには、乗り物が登場します。
その時に流れる音楽はとても壮大で、オーケストラによる音の強弱が観る者達の気持ちを大きく変化させます。
高揚感が高まり、主人公と自分を重ね合わせる…そんな気配が会場に漂っていました。

ジェームズ・ボンドとヴェスパーの心の変化や動きの微細な部分を音楽が表現しているのは当然ですが、その微細さにさらに拍車をかけているのが指揮者の腕であり、奏者達の技術なのでしょう。そんな風に感じました。
そして映画における音楽の重要性、制作者たちの偉大さを実感した瞬間でした。

It’s fantastic very much.
The scene of train that Bond is going to his enemy in the dim dawn
The scene of his driving by Ford along the coast
The scene of his driving by Aston Martin

Vehicles appear in the switching and highlight scene of the movie.
The music that sounds at that time is very spectacular, and the intensity of the sound by the orchestra changes the feelings of audience. We get into a mood and identify with the hero ...
The hall is filled with such atmosphere.

It is natural that music expresses the fine parts of James Bond and Vesper's mind, but what spur on its fineness are probably conductor’s skill and the players' skills. I felt like that.
And it was a moment when I realized the importance of music in movies, the greatness of the producers.


  • 3-6.1
  • 3-6.2


シネマ・コンサートは、映画とその音楽を最大限に楽しめるものだと納得しました。
シネマ・コンサート。それはその裏側の技術、劇中音楽を消音するという技術の進歩によって実施可能となった新たな試み。
しかしその試みを支え、確実なものにできるのは、伝統に裏付けされたオーケストラの技術と経験。
映画を見る=本物の音がある。
現代(いま)だからこそ味わえる贅沢な人生の楽しみ方と言って良いでしょう。

I understand that the Cinema concert can enjoy the movie and its music to the maximum.
Cinema concert. It is a new attempt which became possible by the advancement of technology which mutes the background music.
However, the skills and experiences of the orchestra backed by the tradition are essential to support that attempt and make it reliable.

Watch a movie = There is a real sound
It can be said that it is a way of enjoying a luxurious life that we can experience because we live today.




洋服や靴、髪型、そして感覚的な部分も、007の世界観に浸るための重要なアイテムだと思います。
上映前に会場で販売されていた077杯限定のウォッカ・マティーニ「ヴェスパー」もその一つ。
私が到着した時点では完売していましたが、映画を見た後に洒落たバーやホテルのラウンジで、イブニングドレスを着てカジノで飲んでみたい。
そんな気分にもさせられました。


I think clothes, shoes, hairstyle and also the sensory part are important items to soak in 007 world.
Vodka Martini named "Vesper" limited to 077 glasses sold at the venue before the screening is one of them.
Although it was sold out at the time of arrival, I would like to drink in a casino wearing an evening dress at a luxury bar or hotel lounge after watching a movie.
I was made to feel that way.




次のシネマ・コンサートはスカイフォールだろうか? と今後への期待も高まります。
アデルのスカイフォールはオーケストラで聞いてみたい一曲です。
でも、個人的にはカーリー・サイモンの私を愛したスパイと、シーナ・イーストンのユア アイズ オンリーはどうしてもシネオケで聞きたい。
是非ともやってほしいと切に願うばかりです。

Is the next Cinema concert a sky fall?
My expectations for the next also increase.
Adel 's Sky Fall is one song I would like to listen to by orchestra.
But, personally I would like to listen “The spy who loved me” of Carly Simon and “Your Eyes Only” of Sheena Easton with Cine-oke.
I sincerely wish that.

次に私を待ち受けるロンドン、リバプール、そしてマン島への旅に今日の体験がどのように影響してくるのか? 様々な思いやイメージを駆り立てます。
007を生んだ国でどんなボンドスタイルに出会えるか!?
次はロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで見たい、
主題歌を歌うアーティストの声を生で聞きたい、
もっと007の世界観を感じたい、
と欲求ばかりを掻き立てられる一日になりました。

シネオケでは、これまでにゴッドファーザーやハリーポッター等、世界的に人気の珠玉の名作が上演されているそうです。
次回の日本上演はいつ何が選ばれるのか? 興味が尽きません。
一度見た人は熱狂的なファンになるほど魅力的なコンサートなので、チケットは売り出されると即完売の可能性もあります。皆さん定期的に情報をチェックしましょう。 >>キョードー東京

How will this experience of today affect the next coming journey to London, Liverpool, and Isle of Man? I imagine various thoughts.
What kind of bond style can I meet in the country where gave birth to 007 !?
I would like to watch it at the Royal Albert Hall in London next time, I want to listen the voice of the artist singing the theme song at live, I want to feel more the 007 world…
It became a day that I can stir up just the desire.

In Cine-oke, so far, it seems that immortal work and popular globally such as “Godfather” and “Harry Potter” are being performed.
When and what will the next Japanese performance be chosen? It is not lack of interest.
Since the person who saw it once is an attractive concert as it becomes an enthusiastic fan, there is also possibility of selling out as soon as the ticket is sold. Let's check the information on a regular basis. >>Kyodo Tokyo

映画やコンサートをこよなく愛する人はもちろん、日常にプラスαを求めている人には、とにかく一度この空間を体験してほしいと思います。
とてもラグジュアリーな時間を過ごせると同時に、あなたの中にある何かが掻き立てられるはずです。

People who love movies and concerts as well as those who are seeking plus α on a daily life, I would like you to experience this world once.
You can spend a very luxurious time and something inside you will be aroused at the same time.



日時:2018年4月29日(日) 開演 13:00(開場 12:00)
場所:東京国際フォーラム・ホールA(東京・有楽町)
指揮: ニコラス・バック
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
主催・企画・制作 : キョードー東京
後援: BS-TBS / J-WAVE / ムービープラス

Date:29th April 2018
Venue: Tokyo International Forum (Yurakucho, Tokyo)
Conductor: Nicholas Buc
Orchestra: Tokyo Philharmonic Orchestra
Organizer/Planning//Production: Kyodo Tokyo
Supporter: BS TBS/J WAVE/Movie plus




ホームへ戻る ページのトップへ戻る